インターネットの機材価格

前回、
見積書の「一式」表記はダメ!
というメールを配信いたしました。

今回は、それに付随する内容

「インターネットの機材価格」について。


さて、
見積書の中身を見ていくと、
機材の名前と金額が表記されていますね。

例えば、
厨房冷蔵庫の入換え工事などでは

業務用冷蔵庫 本体の型式

などです。


昨今、
かなり専門性の高い部材で無い限り、
インターネットで取り寄せることが可能です。

業者さんもネットで購入していることありますから。

そのため、
部材名や型番を検索すると
本体代がいくらか なんとなく分かります。

ものだけ見ると見積書よりネット価格の方が安い!
そんなことも しばしば。

ですが、ご注意ください!


ネット価格は、
「100%比較対象」とはならない場合があります。

保障や送料の話もありますが、
最も大きな理由が、

施工業者さんの提示する本体価格は、
取り寄せから設置までの総額を
考慮したうえでの金額だからです。

つまり、
ネット販売は「お届けがサービスの終点」
施工業者さんは「設置完了がサービスの終点」

なので、
商品だけを販売する通販とは金額差が生じます。
当事務所では
多少の差額なら配慮すべきと考えます。

ですが、たまに差額が大きいこともあります。

そういった際は、
「部材取り寄せ」と「設置工事」を分けてもいいか
施工業者さんに聞いてみましょう。


施工業者さんは責任の所在が曖昧になることを
嫌がりますので、
「持ち込み費」を加えるかもしれません。

が、
持ち込み費を考慮しても差額が大きい場合や
ネットで購入した部材を
工事まで保管しておける物理的スペースがある
のであれば、交渉してみても良いと思います。 

最後に…
例えば、本体に不具合が見つかった際、

ネット購入品ですと、
「保障期間内なので、返送くだされば新品を再送します」
となるわけですが、

誰が取り外しと再設置をしてくれるのでしょう?


…これが提供するサービスの差です。

ブログの著者

施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
【健全で持続的な 施設,店舗の活用を支援】

・110社5600件以上の工事精査実績
・40以上の施設を管理してきた経験

設備監査事務ホワイトオウルでは、
5万円のコンセント修理から50億円の大規模リニューアルまで、工事見積の内容,価格を精査、発注者様にとっての最善に向けてご相談を承っております。

建築設備の専門部署を持たない会社様、工事経験の知見が少ない店舗様、ホワイトオウルでは無料相談窓口を設けております。
是非一度、お気軽にお問い合わせください。


HOME