エレベーターのリニューアル費を削減

エレベーターのリニューアルの時期が
どのくらいかご存知ですか?

法廷耐用年数  17年
メーカーの公表 20~25年
国土交通省   30年

と明記されています。

ただし、機械物はどれもそうですが、
やはり稼働状況によって違いがでます。


当事務所が関わった案件ではないですが、
以前エレベーター会社の者から
「昨年37年もののリニューアルをした」
という話も聞きました。

当事務所が修繕計画を作成し、
長期的に追従補正を行う場合は、
大抵25年を基準に
その後細かく様子を見ていきます。

仮にリニューアル工事が1000万円の場合、
25年で割ると、1年当たり40万円。

1年延ばせれば、生涯コストが40万円削減と
考えることも出来ますので、
是非検討したい部分です。


ただし、

「安全性や乗り心地の劣化には 十分に注意すること」

これはしっかりと考慮しましょう。


さて、エレベーターのリニューアルを行う会社には
大きく2種類あります。

メーカー系独立系 です。

メーカー系というのは、
エレベーター本体や部品の
製造を行っている会社です。
リニューアルやメンテナンスも行います。

独立系とは、
製造を行っておらず、
また、メーカーの傘下に無い会社です。
リニューアルやメンテナンスを専門で行います。

リニューアルやメンテナンスの費用ですが、
まず間違いなく
独立系の方が安いと思って良いです。

なぜなら、メーカー系
メンテナンス費などに
開発,製造コストを上乗せするからです。

しかし、メーカー系にもしっかりと
メリットがあります。

それは
安心ブランド力などもそうですが、
社員数や支店が多く緊急時の対応力が高い
ことです。

この点は、
地震大国の日本においては結構大切な点ですね。

また、エレベーターには

  • ロープ式
  • 油圧式
  • 水圧式

など、種類がありますが、ここ近年
メーカー系はロープ式しか対応しない方針です。

既存が油圧式ですと、ロープ式への更新一択で
リニューアル工事を提供してきます。

ちなみに、

独立系で油圧式のままリニューアルすると
ロープ式への更新に比べて半額近く安いです。


こういった部分は、
各施設様悩まれる点かと思います。

ですので、

リニューアル工事を予定する際は、
必ずメーカー系と独立系の両方から
提案と見積をもらう

ようにしましょう。


さて、最後に…

エレベーターのリニューアルを実施する際、
必ず運転停止期間が生じます

これ地味に問題ですよね。

だから どこの施設も、
工事費が割高になっても
正月やお盆の時期を望みます。


そのため、逆にリニューアル会社は
そういった時期以外の施工を得ようとします。

つまり…
こちらが工事時期の調整を提示できれば、
そこに価格交渉の可能性を模索できます。

当事務所でも
施設側の調整努力のかいあって
大きな減額交渉を叶えたことがあります。
(時期以外の点も含めて総額28%の削減)

エレベーターは建物内のインフラです。


安全性や乗り心地、既存不適格としての配慮等
リニューアルには様々な要因がありますが、

満足のいく改修を進めるためにも
エレベーター会社や管理会社に任せきらない姿勢
お勧めしたいところです。

ブログの著者

施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
【健全で持続的な 施設,店舗の活用を支援】

・110社5600件以上の工事精査実績
・40以上の施設を管理してきた経験

設備監査事務ホワイトオウルでは、
5万円のコンセント修理から50億円の大規模リニューアルまで、工事見積の内容,価格を精査、発注者様にとっての最善に向けてご相談を承っております。

建築設備の専門部署を持たない会社様、工事経験の知見が少ない店舗様、ホワイトオウルでは無料相談窓口を設けております。
是非一度、お気軽にお問い合わせください。


HOME