コロナウイルスによる影響

今回の新型コロナウイルスによる影響

被害を一切受けていない方は いないでしょう。

特に施設を利用してビジネスをされている方、
非常に苦しいことと存じます。

心中、お察し申し上げます。

日本経済のGDPは、個人消費が6割です。
今後、この自粛がどこまで続くかは
その後の経済へ大きく作用いたします。

現状の状況が長引いた場合、
帝国データバンクの指標では、
1年後の倒産件数は60万社
とのこと。

これは全体の 1/6 です。

そして、収束したとしても
簡単には(というか二度と)以前の状態には
社会は戻らないでしょう。


世界恐慌以来のマイナス経済成長率をたたき出し、
今後の個人消費は数年は悪い状態が進む…

つまり、デフレが進みます。


経営者の方
会社員の方

どちらにおいても、
今後のアフターコロナに適応する
新しいスタイルを模索しなければなりません。


ですが、
建物は変わらず存在し続けます。

建物・店舗の維持にかかる費用は
この拍子に安くなるわけではありません。
今後むしろ、衛生環境などの規制が
厳しさを増すかもしれない。

そして、営業上,法律上

  • やらなきゃいけない工事
  • やらなきゃいけない点検

は変わらず施設に発生し続けます。


今回の件で
企業などは強制的にでも
テレワークなど新しい業務体制を経験しました。

もしかすると物理的な建物の必要性が
改められるかもしれません。
実は建物などなくても営業できるような
業態であることに気付く会社もあるかもしれない。


ですが、だからこそ
建物・店舗を活用することの大切さが
人と人が顔を合わせることの大事さが

見直され
実感され
将来に価値を与えるものと当事務所は考えております。


今はどなた様も余裕がなかなか持てないでしょう。

少しでも早く
皆様の下に日常が戻り
更には、コロナ以前より輝く未来が訪れるよう、

当事務所も
皆様と一緒に
前を見て進んでいく所存です。

ブログの著者

施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
【健全で持続的な 施設,店舗の活用を支援】

・110社5600件以上の工事精査実績
・40以上の施設を管理してきた経験

設備監査事務ホワイトオウルでは、
5万円のコンセント修理から50億円の大規模リニューアルまで、工事見積の内容,価格を精査、発注者様にとっての最善に向けてご相談を承っております。

建築設備の専門部署を持たない会社様、工事経験の知見が少ない店舗様、ホワイトオウルでは無料相談窓口を設けております。
是非一度、お気軽にお問い合わせください。


HOME

次の記事

電力会社の見直し