厨房機器を入れ換えるタイミングは!?

冷蔵庫・冷凍庫
製氷機
冷凍ストッカー
ショーケース
フライヤー
ガスレンジ
スチコン
グリドル
ゆで麺機
調理台
業務用食器洗浄機

その他諸々の厨房機器、

買い替えのタイミングはいつ頃がベストでしょう?


宿泊施設や飲食店舗には不可欠な厨房。
そして厨房機器たち。

これがまた高額なんですよね…

そんな高額な機器たち。

  • 買取できるうちに更新
  • 新しい商品は省エネで電気代が安く済むから更新

と、よく耳にします。

しかし、
当事務所では、
使えるまで使うのが、コスパ最大!
と考えています。
といいますか、以前計算した結果明らかでしたね。

ただし、

急に壊れると更新するまで営業に差し支える際は
壊れるギリギリ」を予知しなければいけません。

消費電力や機器温度を日常的に計測することで
予兆を見つけることもありますが、
そんなこと…やるのも手間ですよね。

方向性としては、「もってあと数年かな」という時期に

  • 発注した場合、納期までどれくらいの日数が必要か
  • 入れ替えまでの数日間、調理法や保存方法に
    一時的代替を行なえるか

これを事前に検討しておくと、
壊れるまで使い倒す!
この考えを不安無く 推し進めることができます。

宣伝になりますが(笑)

当事務所では、厨房機器の入れ換えにおいても
金額査定を十分に行なっております。

ギリギリまで使って、更新の際は減額交渉!

これ、最強です。

ちなみに、
冷蔵庫の裏側… 掃除したことありますか?

熱交換器」という冷却に重要な部品があります。
(業務用だと天上だったりします)

この熱交換器が汚れると、
消費電力は上がり…

能力は下がる…


一度設置するとなかなか動かさない厨房機器ですが、
5年置きくらいで清掃を行なうと
寿命が延びる可能性は大きいですよ!

  • 壁や床の経年処理
  • 害虫駆除
  • 厨房内の作業動線の再検討

などと組み合わせると なお良しです!

ブログの著者

施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
【健全で持続的な 施設,店舗の活用を支援】

・110社5600件以上の工事精査実績
・40以上の施設を管理してきた経験

設備監査事務ホワイトオウルでは、
5万円のコンセント修理から50億円の大規模リニューアルまで、工事見積の内容,価格を精査、発注者様にとっての最善に向けてご相談を承っております。

建築設備の専門部署を持たない会社様、工事経験の知見が少ない店舗様、ホワイトオウルでは無料相談窓口を設けております。
是非一度、お気軽にお問い合わせください。


HOME

次の記事

インターネットの機材価格