漏水が起こる一番の原因

近年、建物の屋上や屋根からの漏水が多発しております。
しかも、どうしようもない理由から…

 

皆様の施設、店舗、ご自宅。
漏水の被害が発生したことはございますか?

よくバケツを置いてしのぐ写真を見たことございますね。
長く使っていれば、建物も経年劣化は回避できず、
適切なメンテナンスをしなければいつか、
屋根も亀裂などが発生し漏水が起こります。

屋上や屋根には、
防水シート(もしくは塗装)が一般的に施されていますが、
こちらも決して永久的に破れないわけではなく、
劣化し穴は空きます。

さて、
防水の更新には多額の費用がかかります。
ですから、漏水が発覚してから更新工事を検討することがほとんどです。

当事務所としても費用とのバランスを考えると、妥当としています。

ですが、原理原則で言うとそうでもありません。

建物を最も劣化させる要因、それは間違いなく「水」です。
カビ・腐食・匂い…衛生環境の劣化から始まり、

建物の寿命を確実に縮めます。

そして、屋根からの漏水は、
部屋内に症状として現れるとも限りません。
実は10年前からずっと屋根裏のカビを成長させていたかもしれません。

仕様は様々ですが、
壁の断熱材がウール材(綿状のもの)の場合、
絶対的に水分を嫌いますので水が入れば簡単にカビます。

原因不明の咳…
実は建物の見えないところで増殖するカビが原因でした。
なんてことも実際よくあります。

 

長くなりましたが、
冒頭の「どうしようもない漏水の原因」。

分かりますか?

答えは、気候変動です。

年々、日本の各地域で局所的な豪雨が発生しています。
しかも、観測史上最大などという言葉を毎年聞いている始末。
実は、日本の建築基準法の水準では、
この量の雨を想定していません。
自然排水の場合、排水する水の量は配管のサイズで決まりますが、
雨樋もベランダの排水口も昨今の豪雨をしっかり処理できるサイズではないのです。

見たことありませんか?
屋根を流れ降りた雨水が、雨樋で受けきれず溢れている光景。

ですが、だからといって
雨が防水を突き破るわけでもあるまいし、
どう漏水と関係するのでしょう?

実は、雨水を処理しきれないということは、
屋上やベランダに水たまりを発生させます。

この水たまりが問題です。


常に水はけ良く流れていれば、乾くのも早い。
しかし、水たまりとなると乾くのが遅くなる。

水たまりがある状況で、日光があたると、
紫外線による防水の劣化を早める可能性があります。

また、水たまりの底には、不純物(砂やチリなど)がたまる。

それが根床となりコケなどが発生する。

コケが根床となり、強靭な雑草が生える。

植物の根は防水表面を這い、
防水の弱い部分(継ぎ目など)を見つけ貫けようとします。

勿論、新しい防水膜であれば植物に負けるようなことはありません。
しかし、例えば本当は25年もつはずの防水が22年で穴が開く。
このようなことは十分にあり得ます。

だからといって、
では昨今の大雨に対応した構造にするかというと、
それはそれで費用が掛かります。

配管が太いと体裁が悪くなり、
嫌う方もいらっしゃいます。

少なくとも普段のメンテナンスで水たまりを避けられるのであれば、
それに越したことはございません。

排水口が詰まっている。水の導線に障害物が置かれている。

まずは、そこから見直しましょう。
数百万の工事、2年でも3年でも早めたくはありませんね。


建物の老朽化からくるものもありますので、
それなりのメンテナンスを適切なタイミングで行うことは必要ですね。

ブログの著者

施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
【健全で持続的な 施設,店舗の活用を支援】

・110社5600件以上の工事精査実績
・40以上の施設を管理してきた経験

設備監査事務ホワイトオウルでは、
5万円のコンセント修理から50億円の大規模リニューアルまで、工事見積の内容,価格を精査、発注者様にとっての最善に向けてご相談を承っております。

建築設備の専門部署を持たない会社様、工事経験の知見が少ない店舗様、ホワイトオウルでは無料相談窓口を設けております。
是非一度、お気軽にお問い合わせください。


HOME

前の記事

原状回復工事費が高い…

次の記事

エアコンの効きが悪い…