見積書 「一式」表記はダメ!

業者さんから受け取った見積書

一式

とか書かれてませんか?
その見積書、残念ですが問題があります。


見積書の書き方に法律はありません。
(正確には少し存在します)

そして、
金額もサービス提供の対価ですから、
その施工業者それぞれであることは問題ありません。

発注者側も
工事の中身を詳しく記載されていても
よく分からないので
工事が完了するならそれでOK。

ですから、
工事の見積書には「〇〇費 一式」とよく書かれます。

「信用」の世界ですね。


ですが、
工事額の妥当性を判断するためには、
一式表記はダメです。

比較ができないためです。

これでは正直なところ、
相見積を他業者さんから用意しても
意味をなしません。

金額だけでなく内容も同じです。

例えば、
事務室にエアコンを取り付けたいとします。

2社から見積をもらって、
A社:30万円
B社:32万円

どちらの業者さんも
部屋の広さに対して十分な能力の
エアコンを選んでくれる。とのこと。

さて、
「部屋が涼しくなれば、何でもいい」

本当にそうでしょうか?

A社:聞いた事の無い海外メーカー製
   保障 1年
   製品の利用者満足度 2.8/5.0

B社:国産メーカー製
   保障 3年
   製品の利用者満足度 4.7/5.0


いかがでしょう?
それでもA社でも構わないですか?

では…
エアコン機器の詳細は記載されていたとして
「電気工事項目 一式」
と記載されている見積書はいかがでしょうか。

A社:エアコンの電源は他のコンセントから分岐。

B社:エアコンのために、ブレーカーから単独の配線を
   引く工事を額内に含んでいる。

分かりにくいかもしれませんが、
A社の工事の場合、
たとえばエアコンをつけながら電子レンジを利用すると
ブレーカーが落ちるかもしれません。

ここまで分かると、B社を選びませんか?
むしろA社は設置後にクレームとしたいくらいですよね。

こういったことも
電気工事で使う部材名や配線の長さの記載があれば
本来 見積書を見ただけで分かるわけです。


工事見積をいただいた際、
「一式」と表記されていたら、
内訳書」くださいと聞いてみましょう。

(…業界の人か?)
と思われるだけでも施工業者の緊張感が高まります


中には
「うちは全て一式表記しか出しません」
と言う業者さんもいます。

作成の手間を省いて、還元しているならまだしも

  • 公表したくない何かがある。
  • 営業担当は工事の素人

であることも多く、
当事務所としてはあまりお勧めしません。


そして、
見積書の詳細(内訳)を2社以上で見比べてみる!
これだけでも妥当な内容・金額に大きく近づきます。

分からないワードもあるかもしれません。
ですが、2社で大きな金額差が生じているところだけは、
注意してみてください。


当事務所の場合は、さらに
・他施設の工事実績データとの比較
・業界の部材仕入れ額の水準
・施工会社の規模(ゼネコンか工務店かなど)による水準
などから、金額においては精査します。

また、エアコンの電気代や空調効率の点から
・室外機の設置位置や環境
・他の室内設備(換気や防災の設備など)との位置関係
・室内間取り
などまで考慮することで
使用後の快適性やエアコン本体の寿命も変わってきます。

せっかく大金を支払うわけです。

妥当性を模索する手がかりとして
是非、「一式はダメ」ご参考ください。

ブログの著者

施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
【健全で持続的な 施設,店舗の活用を支援】

・110社5600件以上の工事精査実績
・40以上の施設を管理してきた経験

設備監査事務ホワイトオウルでは、
5万円のコンセント修理から50億円の大規模リニューアルまで、工事見積の内容,価格を精査、発注者様にとっての最善に向けてご相談を承っております。

建築設備の専門部署を持たない会社様、工事経験の知見が少ない店舗様、ホワイトオウルでは無料相談窓口を設けております。
是非一度、お気軽にお問い合わせください。


HOME