長期修繕計画がコストを落とす

長期修繕計画

というワードをご存知でしょうか。


その名が示すとおり、
建物の今後数十年という期間を対象とした
修繕の予定表です。

調べると分かりますが、
基本的にはマンションでよく聞くワードです。

が、当事務所では
全ての建物・店舗が対象だとしています。


これですね、
ハッキリ申し上げて

建物・店舗の所有において非常に大事です!!!

「維持費を落とす」なんて長期修繕計画の
及ぼす効果のほんの一面でしかありません。

今回は、長期修繕計画作成のメリットをお話します。

当事務所では、
長期修繕計画を組むことで

  • 長期的コストの圧縮(15%削減も可能です)
  • 戦略的資産価値の向上
  • 事業計画に直接紐付け反映できる
  • 建物を利用する方々の夢を叶える

といった効果が主に得られると実感しています。


①コストの圧縮
建物の躯体や設備ごとに更新時期を組んでいくと
予算に応じて
工事をまとめたり 分けたりといった
計画を練ることができます。

これが長期的コストを削減するうえで
非常に有効です。

また、急に何かが壊れた際にも
改修すべきか応急処置でよいか
の判断目安となり、
無駄な出費を限りなく抑える事に成功します。


②資産価値の向上
建物の一生でかかる費用を
ライフサイクルコスト(LCC)といいます。
このLCCの80%を占めるといわれるのが、
維持管理費です。
建築費などごく一部ですね…

このLCCをいかに抑えて
利益や満足度を
その建物で築いていけるか

戦略を練るには、LCCが見えていないとですね。


③事業計画に反映
例えば、
建て替え・リニューアル・売却…

どのタイミングでどの選択をすることが最善か…
建物の維持費というのは
収支的にも大きな項目ですから、
ここで選択に沿った修繕計画があるかないかで
億単位の金額差が生じます。


④夢を叶える
「いつかやりたい…」

そんな工事ありますか?

予算に余裕ができたらと思っている方。
そう簡単にできる日は訪れませんよ…

確かに年間の修繕予算は、
随時発生する経年劣化を直すことで精一杯
かもしれません。

しかし、
やりたい工事,投資的工事を
何年後が適正か 判断した上で予定する。

だからこそ
その工事までの修繕費の調整が
可能となるのです。


費用的な効果も絶大ですが、
利用する方々のモチベーション向上
効果として非常に大きい。

「3年後には、リニューアル ♪」

そんな計画組みたいじゃないですか。


例えば商業ビルなどの場合、
お客様だけでなく、
従業員の満足度も上げてくれます。

間近になると皆そろって改装の話題。

リニューアルイメージなども
社内で意見を出し合って、
一丸となって施設を盛り上げていく感覚。

昨今の労働者不足、
離職率にすら影響を与えかねない長期修繕計画。

無ければ作成のご検討を。

あれば既存の修繕計画の妥当性を。

一度考えてみてはいかがでしょうか。


※長期修繕計画は存在するだけでは意味がありません。
 定期的に見直してこそ本来の効果を発揮いたします。

ブログの著者

施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
施設・店舗のコスト削減@ホワイトオウル
【健全で持続的な 施設,店舗の活用を支援】

・110社5600件以上の工事精査実績
・40以上の施設を管理してきた経験

設備監査事務ホワイトオウルでは、
5万円のコンセント修理から50億円の大規模リニューアルまで、工事見積の内容,価格を精査、発注者様にとっての最善に向けてご相談を承っております。

建築設備の専門部署を持たない会社様、工事経験の知見が少ない店舗様、ホワイトオウルでは無料相談窓口を設けております。
是非一度、お気軽にお問い合わせください。


HOME